2019年1月7日月曜日

新潟県村上市名産【塩引き】を訪ねて

昨年末、妻とテレビを見ていたら村上の塩引きが報道されていて、顔を見合わせ思わず行って見ようとなった。

以前訪れた際、ホテルの玄関やお店の軒先に干してあり、その【塩引き】の知識は多少あったものの、買って帰る程の興味はなかった。

又、素人が思うには腹の中程を残して、何故喉から肛門まで裂かないのかがとても疑問でした。

その理由は、村上が城下町であった名残で、いわゆる「切腹」を嫌い、一箇所つなげていると言われているようですよ!!
塩引き
そして毎月、2と7のつく日に開催され、約100年の歴史のある【六斎市】が村上の台所として賑わっている事も知り行動を掻き立てた。

6日自宅を出、高速東北道・磐越道を通って村上市へ向かい、予約のホテルチェックインまで時間があり、少し北上し何度も訪れた【笹川流れ】であったが、真冬のこの地は初めてなので途中左手の荒れ狂う日本海を見ながら村上市から約30分で到着。

白波が岩を叩く笹川流れ
雪が横から叩きつける寒さに身を縮め、写真を撮るのが精一杯で直ぐ退散。

波打ち際に建つ【ニューハートピア新潟瀬波】に4時前チェックイン。
ニューハートピア新潟瀬波
正月気分も終わり、宿泊人数も少なく天然温泉で冷え切った身体を癒やし夕食までゆったりと過ごす。

翌日、目的の【六斎市】へ。

場所は村上市役所などが建ち並ぶ通りの約1000㍍を車両通行止めとして早朝から昼頃まで開催されているようだが、今回は正月明けと雪交じりの風が吹き荒れ訪れる人も少なく、10時過ぎだったが店じまいを始めているところだった。
早めの店じまい
寒そうに片付けをしている同じ場所で50年も続けて居られる塩引き専門の出店で話し込み、お勧めの塩引きを購入し、三枚におろして切り身してもらう。

妻がいつも何かのためにと持ち歩いている手土産を、ご主人と奥様に差し上げて来年も必ず来ることを約束。
鮮やかな手つきで
店じまいして出店が少なくなった通りを散策し、何処のホテルや旅館に張ってある『吉永 小百合さんと【千年鮭きっかわ】の軒先で撮られた(大人の休日倶楽部)』ポスターの場所を訪ねる。
大人の休日倶楽部ポスター
鮭の暖簾が風で激しく靡く【千年鮭 きっかわ】
千年鮭きっかわ
何故かその脇にナンバーの付いていないロンドンタクシーが。
ロンドンタクシー
塩引きと荒巻の違い
「新巻(アラマキ)」の語源はかって塩蔵のサケを保存したり、運ぶ際、荒縄、菰等で包んだり、吊るしたりしたので「稲巻」「わら巻き」がいつのまにか「アラマキ」と呼ばれる様になったと言われてり、古くは秋サケの塩蔵を指し、お歳暮用のサケの代名詞として広く使われていました。
塩引きとは鱗に逆らって、その間に塩をすり込む動作から名づけられたとしていて、塩引きという言葉は、約1000年前に「楚割(そわり)鮭」という名で記録され、戦国時代には正月料理のひとつになっている。

青砥 武平治
約300年前の江戸時代の中頃、鮭が貴重な財源だった越後村上藩では、乱獲により鮭が枯渇。藩主からなんとかせよ、という使命を帯びた武平治は、鮭の母川回帰性(生まれた川に戻ってくる習性)に着目。現在の村上市の三面川(みおもてがわ)に種川というバイパスを造成し鮭を誘導、鮭が産卵するまでは禁漁し、卵を産んだ後の鮭のみを捕獲する「種川の制」という鮭の自然ふ化増殖システムを考案。つまり川に戻ってきた鮭をすぐに獲るのではなく、より計画的かつ効率的に鮭を増やしながら獲る仕組みを作りました。
その結果、200両程度だった村上藩の鮭の収入は約5倍に向上。見事藩の収益アップに貢献しました。


今年は今のところ雪が少なく助かりますと地元の方は云う。

帰りは雪の多い山間部の一般道路、国道290号、関川→越後大島→JR米坂線沿いの国道113号、小国町→国道13号、山形県米沢市→福島でした。

2019年1月2日水曜日

年末の大雪と初日の出

ここ、栃木県さくら市の【紫塚ゴルフ倶楽部】で初日の出を迎えるのが8回目、その前は各地の宿泊の出来るゴルフ場に3~4回と、約12回の年末・年始は外で過ごしている事になる。

昨年12月28日・29日は大雪に見舞われ、出掛ける日の30日は雪の中から車を掘り出して?。
28日の積雪(一端完全に雪下ろし)

29日再び積雪
思ってもいない二日連続自宅の雪かきも何とか終え、午前10時に自宅を出て例の如く一般道路をのんびり走り約20分、隣の二本松市辺りで全く積雪はなくなっていてビックリ。

毎年この時期は車の数も少なく、何時も立ち寄る大きな【白河だるま】目印のラーメン店で昼食。
辛み味噌ラーメン
経営者が変わったのか、何時もの物と麺も味も変わっていた。

再び、国道4号線を走り続けると高速道路の影響なのか、年毎にさびれた店舗が増えていていた。

午後4時過ぎスタフの方達の出迎えを頂き到着。
ロビー正面に
天然掛け流し温泉にゆっくり浸かり夕食を待つ。

妻は熱燗、飲めない私はノンアルコールで一年の労を労い乾杯、次々と運ばれる年末特別料理【色彩御膳】を堪能。
前菜

特性茶碗蒸し


初穂


 デザートの後、恒例のガラポンの福引きで妻はお酒・私はゴルフボールをゲット。

大晦日、福島とは打ってかわって無風状態の好天に恵まれ、9:52分スタート。
倶楽部ハウスレストランからの葛城コース上がりホール
程よく汗ばみ入浴後、部屋で年末のテレビを見ながら夕食を待つ。

大晦日は【祝い膳】
前菜

伊勢エビ舟盛り

 今夜もガラポンの福引きがあり、昨夜と全く逆の私がお酒で妻はゴルフボール。
 
持ち帰り高級すき焼きセット、高級しゃぶしゃぶセットなどがあったが残念。
 
最近の紅白歌合戦番組にはあまり興味もなくなり、妻は居眠りをしながらもテレビを見入っていたが、私は思いっきり寝納めに。
 
元日 
山間から登る初日に手を合わせ、今年一年の無事を祈る。
初日の出

スタートホールで危ないスタイルの若いスタッフによる餅搗きが始まり、来場者全員に餡・きなこ餅が振る舞われた。
危ないスタイルの餅搗き
これが安全なスタイル(ネット画像より)
安全なスタイル
バイキングスタイルの朝食は伊勢エビ・きんとん・鯛のお刺身・伊達巻き等など正月料理が豪華に並べられ、スタッフもキビキビを動き廻り世話をしてくれて最高の気分で新年を迎える事が出来た。
鯛コーナー

伊勢エビコーナー

9回目の年末・年始予約を入れて家路に。




2018年12月31日月曜日

あけましておめでとうございます。


旧年中は沢山のご訪問を頂きありがとうございました。
       今年も思ったまま書き綴って参りますので引き続きご訪問下さい。
    そして皆様方のご多幸を心よりお祈り申し上げます。


2018年12月15日土曜日

ミキ エクセランド2018・『はとバス【目黒雅叙園「百段階段」と相田みつを美術館】』

13日恒例の【ミキエクセランド2018】に妻と参加するため、新幹線を乗り継いで横浜へ。

会場は横浜市西区みなとみらいにある『パシフィコ横浜国立大ホール』。
パシフィコ横浜
遠くは北海道・東北を含め関東からほぼ満員。

ゲストには今話題の女優で、ミキの新しいコマーシャルを中井貴一さんと演じている【瀧本美織さん】。

そしてファッション界で世界的名声を得ている【高田賢三氏】。

特別ゲストには歌手の【岩崎宏美】さんと超豪華なメンバーで第一部を終了。

第二部は各ホテルに分散し豪華なディナータイム。

終了後、明日のはとバス観光の為、予約しておいた乗り場近くの築地のホテルへ。

丸の内南口はとバス乗り場
コース内容は東京丸の内南口=桜田門=国会議事堂=表参道(車窓)=明治神宮(参拝)=ホテル雅叙園(昼食)百段階段=六本木ヒルズ(東京シティビュー)=相田みつを美術館=東京丸の内南口。

明治神宮
時折、風が強かったが好天に恵まれ参拝する事が出来た。

明治神宮正門
ホテル雅叙園と百段階段

ホテル雅叙園




新鮮な野菜類など全て美味しく頂いたが、ホテルカレーが特に美味でした。

何と云っても総工費一億円をかけたトイレが話題で、トイレ入り口など至る所に螺鈿が張り詰めてあり、その豪華さにはため息と驚きが。

螺鈿
主に漆器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法、およびこの手法を用いて製作された工芸品のこと。螺は貝、鈿はちりばめることを意味する。
トイレ入り口
男子トイレ内部、赤い太鼓橋の奥が大きい方。
男子トイレ内部
百段階段
昭和10年に完成した純日本建物。

階段の総数は99段で、通路を入れて百段を名付けているようです。
厚さ5㎝欅一枚板を使用
全ての部屋が落ち着いていて、私が特に豪華さが感じたのは最初の【漁樵の間】でした。
漁樵の間
星光の間
星光の間
六本木ヒルズ東京シティービュー
東京タワー&スカイツリー
残念ながら少し雲がかかっていて富士山を見る事は出来なかったが、東京湾が見えていた。

相田みつを美術館

夜、雪のチラつく福島駅に9時過ぎ到着。

2018年11月30日金曜日

薪ストーブとリース

今年は例年に比べ暖かい日が続き、季節外れの【クレマチス】や【マリーゴールド】が咲いています。
クレマチス
マリーゴールド
しかし街路樹のハナミズキはすっかり冬支度に入り、真っ赤な実を付けて通る人達を癒やしています。
赤い実を付けた【花水木】
先日、仕事仲間の方から【ルミナラキャンドル】用のクリスマスバージョンのリース頂き、一足早いクリスマスモードを楽しんでいます。
シナモン付きのリース
淡いシナモンの香りが部屋中に漂い日頃の疲れを癒やしてくれています。

昨年は11月初めの初焚きの薪ストーブ、今年は今日が初焚きです。

初焚きの薪ストーブ
ガラス越しの炎が身体全体を温めてくれて、寒い冬も乗り切れそうです。


2018年11月9日金曜日

街中の紅葉


朝からの晩秋の霧雨で、この時期にしては比較的暖かい一日。

毎日必ず通る信夫山の麓のこの道。(福島市森合にある県立美術館近辺)

一際紅葉の綺麗さに思わず立ち止まってカメラに。

右上が東北新幹線架橋、奥が信夫山トンネル。

福島旧市内森合地区
この下は運動公園にもなっていて、近くの高校生達がテニスなどの部活動や、子供連れ親子がキャッチボール等で多く利用している。
この西側は県立美術館

霧雨に煙る奥は桜の名所でも知られる標高275mの信夫山。
信夫山麓
福島県立美術館に通ずる銀杏並木。
県立美術館正面に通ずる欅と銀杏の並木道
その一角に私達ゴルフ仲間が集う喫茶店【いちよう並木】があり、一日一回は必ず利用する貴重なたまり場です。
喫茶店【いちょう並木】
そのゴルフ愛好家達が【並木通りゴルフ倶楽部】を結成し、定期的にコンペを楽しんでいます。