2022年1月25日火曜日

病気は数千・健康はたった一つ。

癌・心臓疾患・糖尿等など数えれば切りもありません。

昨年暮れに近年にない大雪に見舞われ、雪掃きに翻弄されると同時に腰を痛め正月明けの2日から痛みが強くなり病院通い。

事故や怪我も病気が原因で起こるうる事もあり、健康である事を改めて考えさせられました。

私の車も雪下ろしが出来ないまヽ。

結果は【圧迫骨折】らしく、入院・手術の必要もなく身体を冷やさず時間をかけて治す方法しかないとの事。

医師の指示に従い痛みに堪えて月中まで過ごすも、身の回りの事も出来ない状態になってしまう。

コロナ禍から仕事もオンライン化も進み、何処ででも仕事が出来るようになり、それなりの機器を持参して20日から一週間の予定で、栃木県【ホテルエピナール那須】に投宿。

到着と同時に早速温泉に浸かり身体を温める。

ここ那須も夕方から雪が降り出し、窓から那須連峰【茶臼岳】が目の前に望める那須平野の裸木林の地面に残雪が少し残っていたが、一夜明け一段と白さを増しました。

話は少しが外れますが、以前飼っていた雌の我が儘ハスキー犬(舞蘭)がとにかく留守番が嫌がっていたので、最近は泊まりで出かける時には必ず写真を持って(連れて)来る事にしています。

ホテル内には色んな施設が揃っていて、浴衣姿で何処へでも自由に行けるのでリハビリには最適。

朝・夕の食事は大きな会場で種類も多いバイキング。

ディナーバイキングでは毎晩、今が旬の【あんこう】の吊るし切の実演があり、その材料を基に【あんこう鍋】も自由に食べられる。

この動画も帰ってからアップします。



今回、土曜日・日曜日は素泊まりを選択して、和・洋・イタリアンの中から和食を選び【和匠ダイニング菜す乃】で。

私はお寿司

妻は一日20食限定那須の内弁当

広いロビーでは毎日、夜9時から生ライブがあり宿泊者に人気。

歩く事も寝起きするのも辛かったが、三日目(22日)の今朝はスムーズにベットから離れる事が出来、温泉効果が出たのだろうか?

痛みが和らいだ日中は館内散策、PCと戯れながらのんびり過ごしています。

今日は土曜日とあって子供連れのお若いご夫婦や、両親と子供達を連れたご夫婦、若いカップル達が次から次と訪れチェックインを済ませていました。

大きな浴場は芋洗い状態で、小さなお子さん達は裸で走り回っては転び、大はしゃぎです。

投宿して四日目、朝風呂を浴びて窓際の机に向かうと茶臼岳が丸ごと見渡せる素晴らしい天気。


薄皮を剥ぐ如く痛みも和らぎ、履けなかった靴下等も少しは楽に履けるようになる。

効果が得られそうなので、後二泊三日(27日まで)延泊を検討中。

同室での延泊がとれたので追加予約。

遅めの昼は当ホテル特製のパン・ケーキ類で人気のある【パンのアトリエ・エピドール】で喫茶。

アトリエ・エピドール

ご自慢のパン・あんみつ&コーヒーで・・・・・
パン・あんみつ&コーヒー

部屋に戻る途中オープン準備をしていた足裏マッサージのオーナーと話し込み急遽施し、パンパンに張っていた脹ら脛(すね)が程よく火照り、軽く歩ける感じがする。

今日の生ライブは昔懐かしいグループサウンズの名曲を演奏するグループなので、ロビーに見に行ってきました。
ヒロ森本

ヒロ森本
「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」の5代目ギタリストとして約15年間在籍。その後ヒロ森本バンドを率い、ベンチャーズ、グループサウンズ、ロックンロールなど幅広いレパートリーを売り物に那須方面を中心に演奏活動中。また、当ホテルエピナール那須の元フロントスタッフという異例の経歴の持ち主。

今日(24日)のライブは【JJ】さん。
フィリピン出身【JJ】さん
JJさん
来日して30年、日本各地で演奏活動を行う。歌声には定評があり、ソロとしても活動。

透き通る様な凄い声量で感動。

演奏終了後、声かけに気さくに応対して頂き、26日再度お話を頂ける事に。

リクエストに【美しい昔】の無謀なお願いにこれ又、練習して歌わせて頂きま
 すとの事。

ベトナム戦争の悲劇をベトナム人が作詞・作曲したものを天童よしみさんが歌ってます。
 
 
ベトナム戦争とは?
南北ベトナムの統治をめぐる戦争のことで、南ベトナムはアメリカ合衆国、北ベトナムはソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)の支援を受けていたため、米ソを始めとする資本主義陣営と社会主義陣営の代理戦争とも云える。1955年に始まり、1975年4月30日まで続き、南ベトナム陥落を受け、北ベトナムの勝利に終わり、数百万人の死者が出た。

25日、大分良くなったと思っていたら朝から痺れと痛みが出て、又歩行困難に。

朝はバイキング、昼はパンのアトリエ・エピドール】で好みのパンを買って、夜は【和匠ダイニング菜す乃】

エレベーターで大浴場に下りるにも辛かったが、4回ほど通い持参した痛み止めを飲んで昼寝!

ロビーに数種類の新聞があり、読んでいる直ぐ横にあるアトリエ・エピドール】に出来上がった味しそうなパン、ケーキ類が次々と運ばれて来て、その度そのりを放ち乍ら傍を通り過ぎてお店に並ぶ。
パン好きの私には買わずにいられない。

26日
痛みが取れたのか朝10時頃まで寝込んでしまう。

先日、足裏マッサージを施して頂いた処に再度訪問、治療して頂きながら話が弾み、PCで作業記録を入力しているがうまく行かないとの事。

知っている範囲ならお教え出来ますが?と云うと、是非との事だったので実技のアドバイスをしたところ、治療費は頂けないと云う事なのでご厚意に甘えさせて頂きました。

今日からの延泊は朝夕ともバイキングは少し飽きも出たので、素泊まりとして朝はエピドールで軽めにパンとコーヒーで済ます。
少なめの喫茶
コーヒーはお代わり出来るとの事でお願いすると、器を変えて持ってきてくれた。
なんとニッコー

5:30オープンの【和匠ダイニング菜す乃】で。

先日の【JJ】さんとの約束もあり、開演のPM9:00にロビーに下りて行くと、JJさんが近寄ってきてCD3枚、プレゼントして頂きました。
オリジナルCD
痛みが続いていた夢は毎夜上手くいかないゴルフや辛い思いでばかり。

少し痛みが取れた夜は友とゴルフを楽しんでいる夢。

早く痛みが取れ仲間と楽しく過ごせる春を待つ心境は童謡の【春よこい】の如く。

明日27日は朝ご飯を頂き、ゆっくり帰路に。

多くの皆さんにお世話を頂き、感謝、感謝の7泊8日でした。

動画は帰ってからアップします。


2021年12月27日月曜日

降り止まぬ雪

 12月18日今年初めての積雪あと約一週間後の一昨日(25日)から連続の積雪。

当地、年内の大雪は何十年振りだろうか?


毎年各スキー場では年内はおろか正月の雪不足で悩まされていたが、今年は大助かりかと!

ネットショップでりんごの注文が入り生産者へ取りに行く途中、大型の除雪車も出動し渋滞が続いていました。

りんごも全て収穫され葉も落ち、裸木の太枝に丸く雪が積もっていました。

果樹農家はこれから余分な枝を取り除く剪定作業が待っています。

我が家の小さな庭も雪で覆われています。

ビワ・もみじ・鉢植えの植木にも

連日の雪かきで腰の痛みも最高潮????・・・

雪降りで何時も思い出すのはこんな事です。↓


高校時代バレーボールの遠征試合に出向いた折、同じホテル(旅館)に居合わせた【高 英男】さんと、全員で写真を撮らせて戴いて励まされ優勝する事も出来、後にインターハイ全国大会に出場する事が出来ました。

古い人間ですね~


2021年12月18日土曜日

初積雪

昨日からの寒波襲来で北海道・東北・北陸地方に大雪警報が出て、当地では昨夜からの雨が雪に変わり、早朝からホワイトアウトで遠くが見渡せない状態に。

福島県立美術館
何時も通る道筋の銀杏並木通りも・・・
冬本番を迎えた銀杏並木通り


早速雪かき作業。
雪かき終了

雪かきの後はコーヒーを飲みながら薪ストーブで暖を取り一服。


今年は意外と早い積雪で少し戸惑いました。

2021年12月14日火曜日

二度目の四国・小豆島の旅

 昨年11月車中泊で9日間、四国・小豆島へ一人で旅をして、多くの方と新しい出会いがありました。

その様子はこちらから。

今回、コロナ禍でどこにも連れて行けなかった妻と7日間の旅でした。


一・二日目(12月2~3日)

4時頃まで仕事が入っており、仕事を終えた午後6時前自宅を出発。

磐越道を新潟に向かい北陸道自動車道・舞鶴若狭自動車道をひた走り、島根県宍道湖到着は約13時間後の朝6:30分、走行距離1081㎞。

二年前に訪れた雨の出雲大社参拝。

出雲大社

コロナ終息と来る年の安泰を祈り、広島岩国道を走り午後3:10分錦帯橋到着。

ここまでの走行距離1307㎞。

錦帯橋
山陽自動車道で尾道へ出て、しまなみ街道を通って四国今治の目的のホテル(今治国際ホテル)午後6:30分到着。1504㎞
今治国際ホテル

約26時間無睡眠での走行故、食事の後天然温泉に浸かり爆睡。

三日目(12月4日)
ホテル11:00時出発。

徳島市内観光。

今夜の宿泊は【ホテルクレメント徳島

四日目(12月5日)
ホテル9:30分出発。

金比羅宮参拝。
結構人出が

高松港から14:00出港のジャンボフェリーで小豆島逆手港15:15到着。

香川県小豆島町田浦の二十四の瞳映画村へ。
終わりに近いコスモスと映画村

昔懐かしいダイハツミゼット

『二十四の瞳』
1952年(昭和27年)日本の壺井 栄が発表した小説。
第二次世界大戦の終結から7年後に発表された小説で、作者の壺井 栄は自身が戦時中を生きた者として、この戦争が庶民にもたらした数多くの苦難と悲劇を描いた。
発表2年後の1954年(昭和29年)に映画化された。

夕暮れの岬の文教場(苗羽小学校旧田浦分校校舎)を訪ね、当時の子供達が描いた図画がそのまま残されていた。
苗羽小学校旧田浦分校校舎

予約のホテル【天空ホテル海廬】午後5時頃到着。
天空ホテル海廬

五日目(12月6日)
早起きして朝食前にホテル近くの【エンジェルロード】へ。

朝日が眩しい【エンジェルロード】
部屋からの朝日とエンジェルロード

潮の満ち引きによって海中から姿を現す砂の道、弁天島・中余島・小余島・大余島の4つの島をつなぐ砂の道は、一日二回の引き潮の時だけ現れ、青く澄んだ海に向かって伸びていく白い砂の道。
幻想的な場所として、天使の散歩道【エンジェルロード】と呼ばれれる様になった。

宿泊したホテルは数々の映画のロケに使われ、部屋からもこのエンジェルロードが見渡せた。
エンジェルロード

朝食をゆっくり戴きホテルを出て、オリーブ公園(道の駅)を散策、お土産品のオリーブオイル等の買い物を。
ギリシャ風車
オリーブ公園(道の駅)
瀬戸内海を見下ろす小高い丘に、約2000本のオリーブ畑が広がる道の駅。園内には、オリーブの歴史に触れることができる『オリーブ記念館』や宿泊施設・温泉などの施設があり、まるで地中海を思わせる『ギリシャ風車』など、オリーブをまるごと五感で楽しむことが出来ます。

小豆島唯一の景勝地『寒霞渓』、終わりに近い紅葉を見ながら頂上を目指しドライブ。
終わりに近い紅葉

瀬戸内海国立公園の象徴、日本三大奇景の一つ寒霞渓。

山頂駐車場から奇景を眺めながら麓までロープウェイで。

風もない気温21度と暑すぎる程の好天に恵まれ、坂手港16:50分の高松へ戻るジャンボフェリー乗船まで時間があったので、坂手港の防波堤で休んでいた若い男性四人組に話し掛けてみた。

岡山から原付バイクで来たとか、話の中でこれから高知に向かう旨を話したところ、とにかく美味しい鰹のタタキを是非食べて行くようにとの事で、教えてもらった高松市の【ひろめ市場】内にある【やいろ亭】に向かう事に。

この日の宿は高知城近くの【リッチモンド高知】に予約を入れてあり、その市場内の【やいろ亭】は直ぐ近くだった。

ホテルに入る前夕食をそこで済ませる事にし、その鰹のタタキとオススメの物を注文。

鰹のタタキは塩味でニンニクの上にワサビを乗せて・・・・旨い! 旨い! とにかく旨い!
とにかく旨い

六日目(12月7日)
自宅までは約1400㎞はあるので、高知→徳島→鳴門大橋→神戸→敦賀→金沢→高岡まで約700㎞雨の中を走り、富山県高岡のビジネスホテルで宿泊。

七日目(12月8日)
今日も朝から雨、途中新鮮な魚を買うため昼食を兼ねて新潟県寺泊港に立ち寄り、買い出しをして持って行った保冷箱に詰め込んで一路自宅に。

自宅到着午後5:10分。

朗読会【イヤシマスナイト】開演の6:00時に予定通り間に合う。
【イヤシマスナイト】アナウンス学園 荒川 守氏

総走行距離 3255.6㎞でした。

今回の旅でも多くの方々と出会い、お世話になりました。

又何時か何処かでお会い出来る事を願って・・・・・・・


2021年11月2日火曜日

街中の紅葉と福島名産りんご『サンふじ』

紅葉の季節になると紅葉を見物する行楽、紅葉狩りに出かける人が多くなって来ます。

紅葉の名所と言われる主な所は、奥入瀬(青森県)や日光(栃木県)、京都の社寺などが有名で行楽客であふれる。

紅葉をめでる習慣は平安の頃から始まったとされ、特に京都市内では多くの落葉樹が植樹されていて、「狩り」という言葉は「草花を眺めること」の意味をさし、平安時代には実際に紅葉した木の枝を手折り(狩り)、手のひらにのせて鑑賞するという鑑賞方法があったとか。

遠くに行かずしても身近な所の充分紅葉を楽しむ事が出来ます。

私の大好きな街中の紅葉はここで、新緑から紅葉そして落葉を楽しませてくれます。

福島市森合県立美術館通り

今年6月、ゴルフプレー中にここのマスターが倒れ逝去。

主の失った店も一際寂しく感じます。
ゴルフ仲間が集う喫茶店【いちょう並木】

そして福島市内を北から南を貫く国道13号線(西道路)街路樹も見事です。
西道路街路樹
町内のハナミズキも
ハナミズキ

畑ではコキア(箒草)も見事に紅葉しています。
コキア

リンゴの主力品種(サンふじ)も収穫を間近になり、赤みが一層増して来ています。
サンふじ

今年は春先の遅霜で、桃・梨が壊滅的被害を受けましたが、リンゴはそれを免れ間もなく収穫時期を迎えます。

出荷最盛期は11月中旬から12月中頃で、こちらで購入出来ます。


2021年10月28日木曜日

聞いて下さい私のゴルフ人生

ゴルフのルールは簡単に言えば「あるがままに打つ」が基本原則です。

プロトーナメントにおいては競技委員がいるが、本来は自分の他には審判がいないスポーツで、あくまでもプレーヤー自身が審判であり、ルールはもちろんのことマナーをも守る“自律”が非常に重視されるので「紳士のスポーツ」と呼ばれています。

ゴルフを始めたのは比較的遅く、プロの指導や教室にも通うことなく全て自己流。

そんな事からルールを熟知し、同伴者には迷惑を掛けない様、常に心がけしています。

プレーの中で体験した事、思いついた事を川柳にしてみました。

一部変換ミス(打ち収め → 打ち納め)がありました。

使用した写真は自撮り(紫塚ゴルフ倶楽部・グランディ那須白河ゴルフ倶楽部・ヘレナカントリークラブ・郡山GC・ハワイ ワイケレGC等)一部ネット画像より。

2021年10月3日日曜日

柿収穫

今年は春先の遅霜被害に遭い果樹専業農家では甚大な被害を被り、それにより大幅な収入減となってしまいました。

住宅街の我家の庭にある樹齢約50年の柿の木は、その被害を免れ見事に実を付けてくれました。


極度の高所恐怖症の私は背丈より高いところが苦手で、毎年、収穫時期になるとストレスが溜まり乍らも頑張ってきましたが今年が限界と感じた事と、あまりに大きくなってしまいご近所様の迷惑も考え、収穫と同時に思い切って枝下ろし作業です。


高枝鋏で実を獲り小枝を少しづつ切り落としてから、太い枝を剪定用のノコギリで切り落としです。


狭い庭が切り落とした大小の枝と葉っぱで身動きが出来ない程です。


目標の枝下ろしも何とか終了し、収穫した柿の実は約200キログラム。

渋抜き加工したものを知人・友人に発送です。

来年は大幅に枝下ろしをしたので全く実は付けないが、二年後には数は少ないが実を付けてくれて、今度は収穫もしやすくなりそうです。